お昼まで寝てしまった日曜日の午後の過ごし方

スポンサーリンク

まさに私がそうなのですが、とにかく週末の土曜日や日曜日はお昼まで眠ってしまうんです。もはや寝るのが趣味といっても過言ではない。そんな人はきっと多いと思う。

だって平日の朝はゆっくり寝られませんから、休みの日はついつい二度寝してしまうんですよね。「まだ8時か、もうしばらく寝よう」「まだ10時か、もうちょっとだけ寝よう」そうやって二度寝、三度寝しているうちに、時計はお昼の12時になっています。

絶望の起床

↑貴重な日曜日をお昼まで寝て過ごしてしまったときの顔。虚ろな顔になります。

休日をお昼まで寝てしまうと後悔がすごいんですよね。

「貴重な日曜日を半分無駄にしちゃった。もう午後しか残ってないよ・・・。なんだよそれ。そんなのって無いよ。もはや無か?半分しか残ってない日曜日なんて、無と同義なんじゃないか?うわあああああああ」

無慈悲の咆哮である。

さてこんなときどうしますか。今回はいかにして残った半分の日曜日を有意義に使うか、考えてみました。※できるだけお金を使わずに充実した日曜日を過ごす方法を模索します。また、この記事では友人、彼氏/彼女の存在はないものとする。

もう一度寝る

これは本末転倒なのかもしれませんが、正直この選択もありだとわたしは思っています。たまには、良いと思いますよ。布団の中でゆっくり寝られるのは休日の特権ですからね。

せっかくのお休みですから1日中贅沢に寝てみましょうよ。

おそらく夕方になると凄まじい後悔と絶望が襲ってきますので、諸刃の剣ですね。夕陽が空を赤く染め、寝室に暗い影がさす時間にのっそりと起きる絶望感は筆舌に尽くしがたいです。なんであんなに悲しくなるんでしょうね。

日曜日の夕方

↑夕日が差し込んでくる頃に目覚めると悲しい。

「寝てたら知らぬ間に日曜日が終了しちゃったよ。また明日から仕事だよ。南無」ということになりがちです。サザエさん症候群まっしぐらです。

本屋に行く

貴重な日曜日の午後、できるだけ時間を有効活用したい。そんなとき私は近所の本屋さんに遊びに行くことにしています。本屋さんは時代の流行やトレンドをはっきりと映し出すきわめて文化的な空間です。

平積みされている新刊や雑誌を立ち読みしたり眺めているだけでも、かなり知的な刺激になります。わたしの場合、本を買わずに帰ってくることも多いですが、わりと満足度は高いです。お気に入りの雑誌や作家の本を立ち読みするだけで良いんです。

文化的な風にふれると、不思議と日曜日の午後は気持ちの良いものに変わります。また本を読むことでお昼まで眠っていた頭をすっきりとさせるという効果もあります。

明治大学の齋藤孝先生も『10分あれば書店に行きなさい』と言ってます。偉い先生が言うので、間違いないです。

10分あれば書店に行きなさい (メディアファクトリー新書)

10分あれば書店に行きなさい (メディアファクトリー新書)

 

※ブックオフに行ってもいいんですが、普通の書店のほうが良いと思います。ブックオフに行くとさだまさしさんのCMソングが流れてくるんですが、リアルな歌詞なので悲しくなってきます。

遠くへ出かけるとからだがしんどい〜
かと言ってまったく出かけないとこころがしんどい〜
ル〜ル〜ル〜ゆるくいこうぜ休日ブックオフ

恐ろしい歌詞ですよこれは。こんな歌詞に共感してる場合じゃないです。

新刊や最新の雑誌を眺めることがけっこう刺激になります。けだるい雰囲気の日曜日の午後は、中古本しか売ってないブックオフには行かないようにしています。

映画を見る

ツタヤ、amazonプライムビデオ、Hulu・・・などなど今は映画を観る手段は無限にあります。月額料金を払えば見放題です。どんどん観ましょう。映画を1本でも観ておけば、教養にもなるし、話のネタにもなるし、なによりワクワクできます。わずかでも日曜日の午後への反抗を試みましょう。

でも、義務感に駆られて観る映画ほどつまらないモノはこの世にないので、気分が乗らないときは、やめておいたほうがいいです。

ちなみに、わたしのおすすめは『トレインスポッティング』です。あとポケットモンスターもおすすめです。

外に出て散歩してみる

散歩するのって覚悟が必要ですよね。なんか負けた気分になる。貴重な休みを散歩で終わらせて良いのだろうか。激しく自問自答しがちです。

単に散歩をするのはしんどいと思いますので、何か別のことと連動させるのが良いでしょう。買い物、グルメ開拓、写真撮影など、散歩を散歩だけで終わらせないようにするといいと思います。

わたしはわりと写真が好きなので、良い景色があったら写真に収めてやるかという理由をつけてちょろっと散歩します。隣駅くらいまでいくと、意外と知らない景色があったりするので、それなりに楽しいです。しんどいので遠くまでは行きません。自転車をお持ちの方は、自転車でどこかにこぎ出してもいいでしょう。

運動するということはけっこう大事なことだなと最近思っていて、けだるい日曜日の午後でも外に出て歩いたりしていると気分がちょっとだけ晴れやかになったりするんです。不思議なものです。たぶん、運動して体が温まってくると、気持ちにも影響を及ぼすのだと思います。

掃除をする

掃除は圧倒的におすすめです。遅く起きてしまった日曜日はとにかく掃除をしましょう。トイレとかお風呂とか、普段あまり手を付けてないところが特におすすめですが、自分の部屋とか手近なところの掃除でも十分です。掃除はいいことだらけなんですよ。

  • 運動になる
  • 頭をつかう
  • 家がきれいになる
  • 無心になれる
  • 気持ちがいい
  • 絶対に無駄な時間にならない

掃除は無心になれるのでふさぎこんでいる人にもおすすめです。部屋がきれいになると気持ちがいいですし、達成感もあるので、脳にも良いのです。※何かの本で読みました。

掃除って絶対に無駄にならないので、とりあえず迷ったら掃除をするといいと思いますよ。

日曜日の午後を乗り切ろう

明日から仕事・学校だなあ嫌だなあ、そんな気持ちが心に暗い影を落とします。みなさんはどうやって日曜日の午後を乗り切りますか。