楽天カードはダサいけど便利【入会キャンペーンがすごい】

スポンサーリンク

「楽天カードマンに、おれはなる!」冗談はさておき、楽天カードって便利だと思いますよ。

高機能だし、ポイント還元率も高いし、結構使えるんですよ。それに入会キャンペーンでたくさんポイントがもらえますし。

デザインがダサいのは、仕方ない。

楽天カード
出典:楽天カード:お得なクレジットカード ポイントがザクザク!年会費無料

こちらが最新版の楽天カードの券面です。以前のデザインに比べるとかなり洗練されてきました。

以前のデザインは「楽天」という漢字が左上にデカデカと載っていましたからね。あの頃に比べればかなりおしゃれになりました。

そんなこんなで楽天カードのレビューをしたいと思います。実際に楽天カードを使ってみて感じた長所と短所は下記のとおりです。

  • 年会費無料
  • 楽天市場で使うとポイント還元率が高くなる
  • 電子マネーEdyが付いている
  • ポイントが1ポイントから使える
  • 審査がゆるい
  • 入会キャンペーンをしょっちゅう実施している
  • ダサいという風潮がある
  • Amazonユーザーは使わないほうが良いでは、ひとつずつ見ていきましょう。

年会費無料

年会費無料のクレジットカードはそんなに珍しくありません。楽天カードもそんな例に漏れず、年会費は完全に無料です。わたしのようなお金のない若者にとっては、やっぱり年会費無料のカードのほうがありがたいです。

楽天カードのすごいところは、年会費無料だけど、サービスがしっかりしているという点です。最大2000万円までの外旅行傷害保険など、堅実なサービスも付帯しています。

ポイント還元率が高い

楽天カードは、基本的には1%の還元率です。楽天カードの大きな特徴として、楽天市場での支払いに使うと還元率が異常に高くなるという点が挙げられます。

なんと楽天市場で使用すると、常に還元率4%になるという驚異的な特徴を持っています。さらに楽天市場のアプリを使えばさらに1%プラスされます。合計で5%という凄まじい還元率です。コツコツとカードを使えば、楽天市場でかなりポイントを貯めることができます。

この還元率4%という数字は、他のカードではなかなか難しい数字です。普段から楽天市場を使っている人は、絶対に楽天カードを使うべきですね。これは間違いないです。

電子マネーEdyが付いている

楽天カードにはEdyの機能が付いているので、電子マネーとしても使えます。コンビニやファーストフード店などでの決済がスムーズにできるので、なかなか便利です。

もちろんEdyでの支払いでもポイントもたまります。普段から現金払いをしている人は、これをきっかけにクレジットカードの便利さを体験しましょう。

財布からカードを出して、サッとお会計。この一連の流れは生活の質をかなり豊かなものにしてくれます。時間のムダが省けますからね。

いちいち財布の中から現金を取り出していたのがバカバカしくなると思いますよ。

ポイントが1ポイントから使える

楽天カードのポイントは「楽天スーパーポイント」として、1ポイントからすぐに使用可能です。楽天市場で、1ポイント=1円として使うことが可能です。

他にも「無印良品の通販」「マクドナルド」「ミスタードーナツ」などで使用することもできます。加盟店はどんどん増えているので、【楽天PointClub】:楽天スーパーポイントガイドからチェックしましょう。

たまったポイントを一旦ギフトカードなどに交換する必要があるクレジットカードもけっこう多いので、すぐに使えるのは楽天カードのメリットと言えるでしょう。

楽天市場でポイントをためて、楽天市場で使う。基本的にはこの流れが鉄板です。

審査がゆるい

楽天カードは審査がゆるいことで有名です。サラリーマンならほぼ間違いなく通りますし、主婦や学生でも大丈夫です。申し込むと1週間ほどで手元に届きます。

楽天カードは誰でも所有しやすいカードなのです。

入会キャンペーンがすごい

楽天カードの一番のメリットは入会キャンペーンだと思っています。入会すると2000ポイントがもらえます。入会するだけで2000ポイントプレゼントされるので、非常にお得です。

さらにカードの初回利用で、数千ポイントがもらえる仕組みになっています。利用額は問いません。100円使うだけでも大丈夫です。

つまり、入会して1回カードを使うだけで5000ポイントくらいもらえるようになっているのです。

また季節限定で「初回利用で5000ポイントもらえるキャンペーン」や「初回利用で6000ポイントもらえるキャンペーン」を実施しているので、要チェックです。

こういった季節のキャンペーンを狙って入会するのがおすすめですね。わたしのときは、初回利用で5000ポイントがもらえました。

ポイントをもらうために、楽天カードに入会する人も結構いるようですよ。

ダサいという風潮がある

ここまで楽天カードのメリットを挙げてきましたが、やっぱり楽天カードを使うにあたって避けて通れないのが「ダサいデザイン」です。正直、わたしもデザインはダサいと思います。

赤と白の券面、大きなRakutenという文字。そして強烈なCMの印象もあって、楽天カードに対してマイナスの感情を持っている人が一定数います。

確かに洗練されたデザインとは言えません。デートでショッピングなどに行く際も、楽天カードは使わないほうがいいかもしれませんね(笑) パートナーに幻滅されるおそれがあります。

ネット通販用で使うという人も

人前では使いたくないけれど、ネット通販用として使っているので問題ないという意見もネット上では見受けられます。

かわいいデザインも選べる

楽天パンダ

楽天パンダが描かれた可愛い券面も選べるようになりました。このデザインなら、人前でもアリかも・・・?

Amazonユーザーは使わないほうが良い

正直なところ、わたしは楽天市場よりもAmazonが好きです。よくAmazonで買い物をするのですが、楽天カードはAmazonでの決済についてはほとんどメリットがありません。

楽天市場に特化したクレジットカードなので当たり前ですが、Amazonで使用するとポイントの還元率はわずか1%になってしまうのです

一方、楽天カードとよく引き合いに出される年会費無料の『オリコカード ザ・ポイント』は、Amazonでの還元率は2%になります。

わたしの場合、Amazonで買い物をするときは『オリコカード』、楽天で買い物するときは『楽天カード』というように、カードを使い分けています。

Amazonをよく使うという人は、楽天カードをメインカードにはしないほうがいいでしょう。

まとめ

楽天カードは確かにデザインはダサいかも知れませんが、実用面では非常に優秀なクレジットカードです。

  • 楽天ユーザーは絶対に持っておいたほうがいい
  • 楽天市場での還元率は最低でも4%になる
  • 入会キャンペーンで数千ポイントがもらえるのでお得


入会キャンペーンもしばしば実施されているので、ぜひチェックしてみてください。年会費が完全に無料ですから、入会キャンペーンでポイントだけもらうというのもアリなのです。