早稲田で人気の油そば「麺爺」に行ってきた

スポンサーリンク

油そばの美味しいお店を求めて、再び早稲田にやってきたぷらす部員。

そこは、早稲田にいくつか存在する油そばのお店のなかでも、トップ3には入るであろう有名店『麺爺』です。

早稲田駅から徒歩3分。

あった、ここだ。「楽しめます!!」

麺爺の入り口
楽しめます!!と書かれた看板が目印です。
そして地下へと続く階段が好奇心をかきたてます。

楽しませてもらおうじゃないか。

いざ麺爺のなかへ

麺爺は、ツイッターのフォロワー7000人を誇る超有名店でありまして、普段は学生で混んでいるそうですが、現在夏休みなのでわりと空いていましたよ。

油そば専門店ということで、こだわりの味が楽しめます!!

麺爺の券売機
注文は券売機で行います。この券売機がちょっと面白くて、スーパーマリオの効果音が鳴ります。ドカンに入る音、コインの音、ゴールインの音など。

油そばの種類が多く、黒の油そば、白の油そば、男の油そば、女の油そば、など非常にバリエーションに富んだ油そばが楽しめます。

他にも茶、赤、紅、激辛といったメニューもあります。

うーん、どんな感じなんだろう。激辛とかはわかりますが、「茶」「紅」なんていう油そばは一体どんな味なんだろう。ちょっと想像もつかないですね。

今回は一番スタンダードな黒の油そばを注文。500円。金額を追加することで、大盛り、特盛りなどにすることができます。

注文の際に、ニンニクの量も選ぶことができます。ニンニクはシングルでお願いしました。

麺爺の店内
地下の店内は広々としているので、大人数で行っても大丈夫です。赤い椅子が印象的ですね。お冷にはレモンが入ってます。レモン水おいしい。

濃厚な醤油味

3分ほどで注文した黒の油そばが到着。

黒の油そばが到着
黒の油そばというわりには白くないだろうか・・・?

違うんです。混ぜないとだめなんです。

混ぜると黒くなる
混ぜると黒くなりました。これぞ黒の油そば。醤油の奥深い味わいが口の中に広がります。ニンニクの風味も香ばしくていい感じです。

麺爺のおすすめの食べ方
油そばは、調味料を使って自由に味付けをするのが楽しみ方のひとつだそうですよ。おすすめの食べ方に従って、わたしはラー油と米酢を入れてみました。

ラー油を入れると辛みが広がりより美味しい。米酢を入れると打って変わってさわやかな風味に。食欲をそそります。

味の変化を楽しむのが油そばの食べ方なのです。

並盛りだと少ないかも?

デフォルトの並盛りにしたのですが、少食のわたしでもあっという間に完食してしまいました。美味しいのでぺろりと。お腹が減っているときは大盛りにしたほうがよろしいかと思います。

アンケートがもらえる

店員さんがアンケートを持ってきてくれます。せっかくなので書いておきましょう。

麺爺のアンケート
ずばり!いかがでしたか? 
「ずばり美味しかったです」

このアンケート用紙の提出と引き換えに、次回使えるサービス券を一枚もらうことが可能です。なんとなくオトクな気がしますね。

サービス券の中身がすごかった

もらったサービス券を開いてみると

麺爺のサービス券

ほうほう、100g増量が無料だ。オトクですね。

または・・・、

ミルク!?

どういうことだ?
牛乳?牛乳が単品で出てくるのか?それともミルク入り油そばになるのか?

次回、麺爺に行くときはこのサービス券で「ミルク」をオーダーしようと思います。サービス券の有効期限はインクが消えるまでなので、半永久的に大丈夫でしょう。

まとめ

味や量をかなり細かく選べるので、ガッツリ食べるのもよし、気軽に食べるのも良し、状況に応じていろいろな食べ方ができそうです。

ちなみに麺爺という名前のお店でしたが、特におじいさんを感じさせる要素はなかったです。店員さんも若い人しかいなかったです。

店内に流れているBGMがけっこうクセモノで、ここに書き記すことはできませんが、非常に明るい気持ちになれます。

BGMのおかげで、ファンタジックな気分で油そばを食べることができました。

早稲田で大人気の油そばのお店、麺爺に行ってきたというお話でした。