Amazonプライムビデオのおすすめアニメ【随時更新:最新作から名作まで】

スポンサーリンク

Amazonプライムに加入していれば、完全無料で楽しめる動画視聴サービス『プライムビデオ』。アニメ―ション作品が、かなり充実した品揃えになっています。

サービスが開始された当初は、プライム会員のおまけのような動画視聴サービスでしたが、最近はラインナップがかなり豪華になってきています。

今回は、Amazonプライムビデオで視聴できる名作アニメ・おすすめアニメを紹介していきたいと思います。有名なアニメからマイナーアニメまで、幅広い作品が揃っていますよ。

※今回の記事で紹介するのは、2018年1月時点のラインナップです。

プライムビデオは見放題の作品が定期的に入れ替わるので、うっかり見落とさないように注意が必要です。最新の情報は公式サイトでチェックするようにしましょう。

魔法少女まどか☆マギカ(2011年放送)

【おすすめ度】★★★★★

大好きな家族がいて、親友がいて、時には笑い、時には泣く、そんなどこにでもある日常。市立見滝原中学校に通う、普通の中学二年生・鹿目まどかも、そんな日常の中で暮らす一人。ある日、彼女に不思議な出会いが訪れる。この出会いは偶然なのか、必然なのか、彼女はまだ知らない。それは、彼女の運命を変えてしまうような出会い――それは、新たなる魔法少女物語の始まり――
(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Partners・MBS
主演: 悠木碧, 斎藤千和, 水橋かおり

絶望少女系アニメの先駆け。まちがいなく2010年代を代表する歴史的深夜アニメ。

可愛らしいキャラクターデザインからは想像もできないシビアな展開が、視聴者から大きな反響を呼びました。映画化もされ、まさに一大社会現象になった人気作品と言えるでしょう。

謎の転校生、動物のマスコットキャラ、変身、など典型的な魔法少女ものとして放送がはじまった本作ですが、3話のとあるエピソードから一気に陰鬱な雰囲気を漂わせるダークファンタジーへと変貌し、口コミで一気に評判が広がったのです。

大どんでん返しのストーリーが、非常に面白いです。2018年になった今でも語り継がれる作品ですので、ぜひこれを機にご覧になってはいかがでしょう。


「こんなの絶対おかしいよ」「マミる」「ティロ・フィナーレ」「奇跡も、魔法も、あるんだよ」など、数々の名言を残したのも特徴ですね。


ちなみに2017年4月に発行された超大手経済誌『東洋経済』の今見るべきアニメ特集でも、堂々の1位を獲得しています。

東海大学では、『まどか☆マギカ』をテーマにした講義が登場し、一時期話題になったこともありますね。教育現場にも登場するくらい、現代文化に大きな影響を与えました。

『まどか☆マギカ』おすすめポイント

  • 最後まで目が離せない展開(どんでん返しがある)
  • 萌えキャラが織りなす絶望的なストーリー
  • その後のアニメ業界に大きな影響を与えた傑作
  • 秀逸な世界観

化物語(2009年放送)

【おすすめ度】★★★★★

同級生である戦場ヶ原ひたぎの抱える秘密を知った阿良々木暦。そして問題解決のために協力を申し出る暦。実は暦もひたぎ同様、人に言えない秘密を隠していたのだった…。それをきっかけに暦は、怪異に出遭った少女たちを助けるために次々と奔走することになる…。

(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
主演: 神谷浩史, 斎藤千和, 加藤英美里

『物語シリーズ』の原点。大人気作家の西尾維新による小説が原作。中高生に大ヒットした怪異ものがたり。

言葉遊びと雑学(うんちく)が散りばめられた、驚異の西尾維新ワールドが広がっています。とても小気味いい作品です。

メタ的なストーリー、パロディに満ちた軽妙な掛け合い、実験的な映像表現などが高い評価を受けました。ただし、かなり人を選ぶのも事実です。

狙った表現が多く、いわゆる厨二病的な展開・口調・お色気ショットなどが苦手な人は避けたほうが良いかもしれません。しばしば「男性オタク向け」作品として語られます。西尾維新お得意の「言葉遊び」など、寒いシーンやくどいシーンもたくさん入っていますので、そういった要素に強い嫌悪感を覚える人も・・・。

とりわけ最初のヒロイン、戦場ヶ原ひたぎというキャラクターをあなた自身がどこまで受容できるかが重要なポイントです。

エンディングテーマは、supercellの『君の知らない物語』 です。アニメの世界観とマッチしており、爽快な曲調と歌詞も相まって、大ヒット曲となりました。

『化物語』おすすめポイント

  • 小気味よいストーリー
  • 物語シリーズの原点
  • 制作会社シャフトによる独特の映像表現
  • 厨二病患者を一気に増やした問題作

SHIROBAKO(2014年放送)

【おすすめ度】★★★★★

武蔵野アニメーションの新人制作進行のあおいを中心として、アニメーション制作現場で起こるトラブルや、葛藤や挫折などといったアニメ業界の日常を描く群像劇。

©「SHIROBAKO」製作委員会
主演: 木村珠莉, 佳村はるか, 千菅春香

PAWORKSのお仕事シリーズの一番人気の名作。中高生から社会人まで、万人に観てほしい、働く楽しさを知るアニメ。

アニメーション制作会社を舞台にした異色の作品です。一見すると萌えアニメかと思われがちな作品ですが、実際はアニメーション制作現場をリアルに描いた「お仕事アニメ」なのです。

細かい業務の工程・職場の人間関係など、アニメ業界の内情が、すごく現実的に描かれているので、とにかく引き込まれるような構成になっています。そして、どんどん続きが観たくなる!

アニメーション制作現場を社会科見学するような楽しさと、そこで巻き起こる重厚な人間ドラマを見事に調和させた、万人向けの作品と言えるでしょう。

その完成度の高さは、面白いアニメランキングで常に最上位にランクインするほどです。キャラクターデザインで敬遠していた方も、ぜひチェックしてみてください。とっても面白いですから。


仕事をする上でのあるあるネタがたくさん詰まっており、社会人なら思わず共感できること間違いなし! 就職を間近に控えた大学生にもおすすめですね。

「働くことの意義とは? 働くことの楽しさとは ?」そんな忘れかけていたあの頃の情熱を思い出させてくれる素晴らしいアニメです。

ちなみに、SHIROBAKO(白箱)とは、アニメーション業界の言葉で、完成した作品を収めるビデオテープのことです。

『SHIROBAKO』おすすめポイント

  • リアルなお仕事描写
  • 重厚な人間ドラマ
  • 可愛いキャラクターたち
  • 明日への活力を与えてくれるストーリー

天元突破グレンラガン(2007年放送)

【おすすめ度】★★★★★

遥かな未来。人々は地中に穴を掘って家を造り、地震と落盤に怯えながら息を潜めるように暮らしてきた。少年・シモンは、偶然、不思議に光る小さなドリルを見つける。シモンの兄貴分である青年・カミナは、村の上には「地上」があることを信じ、外へ出ようと目論んでいた。そんなある日、地震と共に村の天井が崩れ巨大なロボットが落ちてくる。そんなとき、ロボットを地上から追って来た巨大なライフルを持った少女・ヨーコが現れる。シモンは地中から掘り出したモノをカミナとヨーコに見せる。それは、顔だけの謎のロボットだった…。

(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KDE-J・テレビ東京・電通
主演: 柿原徹也, 小西克幸, 井上麻里奈

とにかく熱い王道のロボットアニメ。一昔前のアニメのノリを上手に現代風にアレンジした、どこか懐かしい物語。

むさ苦しくてダサいけれど、ひたすら熱い王道の展開が、多くの視聴者の心をギュッとワシ掴みにしました。悩んでるヒマがないほど、テンポよくお話が進んでいきますので、ロボットアニメが苦手な人でもこの作品は楽しめると思います。

ダサいロボット「ガンメン」勢いと気合いで全てを解決していく荒削りで力強い作風が良い味を出しており、見事な王道ストーリーを楽しむことが出来ます。

「最近熱いアニメ観てないなあ」という人は、ぜひグレンラガンを観ましょう。きっと熱い心を思い出すことが出来ますから。

しかも作画も高水準でまとまっており、とにかく動く動く!観ているだけで気持ちいい作品です。爽快感に満ち溢れているので、みんなにおすすめできるアニメです。

『天元突破グレンラガン』おすすめポイント

  • 頭を空っぽにして楽しめるストーリー
  • テンポよく進む、熱い王道の展開
  • コミカルで、情感にあふれた人間ドラマ
  • ダサくて愉快なメカたち

Fate/Zero (2011年放送)

【おすすめ度】★★★★★

これは始まり(ゼロ)に至る物語―。大人気作『Fate/stay night』では断片的に語られるのみだった「第四次聖杯戦争」を描いたTVアニメ。奇跡を叶える『聖杯』の力を追い求め、七人の魔術師(マスター)が七人の英霊(サーヴァント)を召喚し、最後の一人になるまで戦いを繰り広げる究極の決闘劇…聖杯戦争。決着を先送りにされたその闘争に、今また四度目の火蓋が切って落とされる。それぞれに勝利への悲願を託し、戦場へ馳せ参じる魔術師たち。士郎の養父が、凛の父が、若き日の言峰綺礼が繰り広げた「第四次聖杯戦争」の真実が、今明らかになる!

(C)Nitroplus/TYPE-MOON・ufotable・FZPC
主演: 小山力也, 川澄綾子, 大原さやか

驚異のクオリティで作られた、Fateシリーズの前日譚。

その名前のとおり、Fateシリーズのエピソードゼロ的な位置づけのアニメです。

でもご安心ください。全くFateシリーズを知らなくても、普通に楽しめてしまうという完成度の高い作品
となっています。原作は虚淵玄(まどか☆マギカと同じ人)ということもあり、とにかくダークな世界観になっています。

基本的にはダークで暗い世界観ですが、燃える展開もたくさん含まれており、シリーズに見られる難解なシーンやくどいシーンがほとんど無いので、初見の人でもテンポよく楽しむことが出来ます。また、戦闘シーンをはじめとして、恐ろしいほど作画に力が入っているので、映像美も大きなウリですね。

人気のキャラクター「セイバー」「衛宮切嗣」「アイリスフィール」「ギルガメッシュ」などももちろん登場。

後のシリーズに繋がる重要な作品なので、この作品からFateシリーズを楽しんでいくというのも良いと思います。この作品からFateにハマったという人も多数いますよ。

『Fate/Zero』おすすめポイント

  • 後のFateシリーズにつながる物語
  • ダークだけど、熱い展開
  • 圧倒的な映像美
  • ぬるぬる動くキャラクターたち
  • 壮大で美しい世界観

スポンサーリンク

 

Fate/stay night(2006年放送)

【おすすめ度】★★★★★

TYPE-MOONの人気ゲームを原作にしたTVアニメ。大災害で孤児となり、魔術師・衛宮切嗣の養子となった士郎。そして十年後、あらゆる願いを叶えると言われる聖杯を巡る「聖杯戦争」に巻き込まれた士郎は、魔術師として最強の使い魔(サーヴァント)“セイバー”と共に戦いに身を投じることとなる。

(C)TYPE-MOON/Fate Project
主演: 杉山紀彰, 川澄綾子, 植田佳奈

記念すべきFateシリーズのアニメ第1作。運命の夜はここから始まった。

最近だとソーシャルゲームの『Fate/Grand Order』が有名ですが、Fateシリーズの原点はこのアニメです。魔術、聖杯、サーヴァントなど、独特の世界観がたまらない冒険活劇の金字塔と言えるでしょう。

細かく練り込まれた世界設定、魅力的なキャラクター、そして熱いシナリオ。とにかく重厚に作り込まれた脚本・多くの伏線が、多くのファンを生み出しました。

10年以上も前の作品のため、演出面やキャラクターデザインが少し古臭いかもしれませんが、ぜひFateシリーズの原点を楽しんでみてください。

音楽についても評価が高いのも特徴です。ケルト風、古代エジプト風など、民族音楽の要素をふんだんに取り入れた伴奏曲は今なお人気です。川井憲次氏による「騎士王の誇り」「運命の夜」「孤独な巡礼」「La Sola」など、名曲を堪能してみてください。

西洋史や古代史など、歴史を知っているとより楽しめる作品です。歴史上の英雄が目白押しです。推しを見つけるのも楽しいですね。

『Fate/stay night』おすすめポイント

  • Fateシリーズの原点
  • 原作を忠実に再現
  • はかなくて美しい音楽
  • なにより燃えるシナリオ

Charlotte(2015年放送)

【おすすめ度】★★★★

思春期の少年少女のごく一部に発症する特殊能力。人知れず能力を駆使し、順風満帆な学園生活を送る乙坂有宇。そんな彼の目の前に突如現れる少女、友利奈緒。彼女との出会いにより、暴かれる特殊能力者の宿命。それは麻枝 准が描く青春を駆け巡る能力者たちの物語―――。TVアニメ『Angel Beats!』放送開始から5年。麻枝 准が原作・脚本を手掛ける、完全新作オリジナルアニメーションが遂に始動。

(C)VisualArt's/Key/Charlotte Project
主演: 内山昂輝, 佐倉綾音, 水島大宙

『クラナド』『AIR』『Angel Beats!』などで知られる麻枝准による完全オリジナルアニメーション異能力・学園モノの傑作。

家族や友人との絆にフォーカスした、SFチックな青春群像劇として人気の作品です。わずか13話という短い作品ではありますが、その分、テンポよくストーリーが進んでいき、中盤から一気にシリアスな展開に突入していきます。

鬱屈した展開を織り交ぜつつ、最終話のカタルシスはさすがの一言。気持ちよく見終わることができる作品です。

アニメーション制作はPAWORKSということもあり、非常に安定した映像美を楽しむことができます。美しい星空の描写などが印象的ですね。

オープニングテーマ『Bravely You』、エンディングテーマ『灼け落ちない翼』は、壮大で広がりゆく世界観を感じさせる名曲。おすすめです。

『Charlotte』おすすめポイント

  • テンポの良い展開
  • 可愛いキャラデザ
  • 爽快感のあるシナリオ
  • 王道の学園モノ
  • それでいて泣かせにくる設定

メイドインアビス(2017年放送)

【おすすめ度】★★★★

隅々まで探索されつくした世界に、唯一残された秘境の大穴『アビス』。どこまで続くとも知れない深く巨大なその縦穴には、奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っている。「アビス」の不可思議に満ちた姿は人々を魅了し、冒険へと駆り立てた。そうして幾度も大穴に挑戦する冒険者たちは、次第に『探窟家』呼ばれるようになっていった。アビスの縁に築かれた街『オース』に暮らす孤児のリコは、いつか母のような偉大な探窟家になり、アビスの謎を解き明かすことを夢見ていた。 そんなある日、リコはアビスを探窟中に、少年の姿をしたロボットを拾い…?

(C)2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会
主演: 富田美憂 , 伊瀬茉莉也 , 井澤詩織

かわいいキャラクターからは想像できないグロテスクな描写で話題をかっさらった名作。地下深く広がるアビスに挑む、少年と少女の物語。

この作品、デザインは子ども向けのようにも見えますが、全く容赦がありません。

生きるとは、死ぬとは、人間とは、自然とは、動物とは。
生死という硬派なテーマをしっかりと描いた骨太のファンタジーなのです。

そのシビアな描写から、グロ、リョナ、ショタ、ケモナーなど、特殊な性癖を持った視聴者全方位から高評価を得た稀有な作品でもあります。

また、演出面でも高水準な仕上がりになっています。劇場作品かと思うほど美麗な背景、リアルな機械音、差し込む光の描写など、没入感がすごい!

キャラクターはかなりデフォルメされていますが、人体破損などグロテスクな表現が含まれるので、そういった表現が苦手な方はちょっとだけ注意してください。でも、とても面白い作品です。

古代遺跡のロマン、未知の巨大生物、UMA、オーパーツといった言葉が好きな人は、問答無用で楽しめます。なお、原作はまだ続いているので完結していません。アニメ第2期の制作も決定し、かなり盛り上がっている作品です。

『メイドインアビス』おすすめポイント

  • ファンタジックで美しい世界観
  • グロテスクでシビアな描写
  • 想像力を刺激する謎めいた設定の数々
  • 未知の世界へ挑戦するロマン

Re:ゼロから始める異世界生活(2016年放送)

【おすすめ度】★★★★

コンビニからの帰り道、突如異世界へと召喚されてしまった普通の男子高校生、菜月昴。右も左も分からない異世界に放り出され、途方に暮れていたスバルに手を差し伸べたのは美しい銀髪の少女だった。絶望から救ってくれた少女に何かお返しがしたいスバルは、少女が盗まれてしまった大切なものを一緒に探すことになるのだが……。

(c)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会
主演: 小林裕介, 高橋李依, 内山夕実

2016年の人気第1位! 異世界×タイムリープという設定をひっさげて登場した大ヒット作品(名作か迷作か?)

普通の男子高校生が異世界に行くというお決まりの展開なのですが、この作品の特徴は「死に戻り」というタイムリープ。テレビゲームのセーブポイントをイメージしていただくとわかりやすいでしょう。死ぬと特定の時点に強制的に戻されてしまうという理不尽さ。

主人公がひたすらバッドエンドを選択して死んでいくストーリーは、悲哀に満ちており、全然救いがありません。シリアスなシーンも多数、どうすれば未来を切り開けるのか泥臭く葛藤する主人公があまりにも痛々しい。

ヒロインのために死んでは蘇り、死んでは蘇り、その度に不都合な運命を覆していく健気な姿に胸を打たれます。そのため結構グロいところもあります。

大人気作品ではありますが、主人公の性格がかなり個性的(ウザいと感じる人が一定数いる)なので、すこしだけ人を選ぶ作品です。

主人公が異世界で無双するお話ではありませんので、くれぐれも注意してください。

「Re:ゼロから始める異世界生活」おすすめポイント

  • 快活だけどシリアスなストーリー
  • めちゃくちゃ人気が出たヒロインたち
  • ひと味ちがう、剣と魔法のファンタジー
  • 泥臭くて熱い展開

スポンサーリンク

 

ガールズ&パンツァー(2013年放送)

【おすすめ度】★★★★★

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされている世界。県立大洗女子学園に転校生、西住みほがやってきた。戦車道が嫌いで、戦車道のない大洗女子を選んだみほ。ところが転校そうそう生徒会長に呼び出され、必修選択科目で戦車道を選択し、戦車道全国大会に出場するよう強要される。しかも、集まったメンバーは個性派ばかり。華道家元の娘の五十鈴華、恋に恋する武部沙織、戦車マニアの秋山優花里、朝に弱い優等生の冷泉麻子…。友達とのフツーの女子高生活を夢見るみほのささやかな願いは叶うのか…?!

(C)GIRLS und PANZER Projekt
主演: 渕上舞, 茅野愛衣, 尾崎真実

女の子×戦車。「ガルパンはいいぞ」というなぞの合言葉まで登場し、一大ブームを作り出した、萌えキャラを使ったスポ根アニメのパイオニア的作品。

正直わたしもこの作品については「所詮こてこての萌えアニメだろう?」と思っていた時期がありました。そのためリアルタイムで視聴していたわけではありません。ところが、あるときプライムビデオで試しに視聴してみたところ・・・面白い! とにかく完成度が高い。これは流行るわけだ。

キャラクターは可愛らしい萌えを意識したデザインなのですが、そういったあざとさを一切感じさせない愚直なつくりになっているのです。

ガルパンは、「戦車道」という武道を極める女子高生たちの青春を描いたスポ根であり、単なる萌えアニメとは一線を画しているのが特徴です。

女子高生が戦車に乗って戦うという異質な光景を描いた作品なのですが、不自然さを全く感じさせないのがすごいところ。ひとつの競技として全国大会に挑んでいくその様子は、「野球」「サッカー」「テニス」など、他のスポーツアニメと全く同じ構図です。

全12話という尺のなかで、起承転結をはっきりさせた全く無駄のないストーリー構成になっており、恐ろしいほどテンポよく視聴することが出来ますよ。友情、努力、そしてライバルとの激闘、などスポ根アニメの定番要素もしっかり詰め込まれています。

まずは騙されたと思って、ぜひ1話をご覧になってください。また、プライムビデオでは続編にあたる劇場版も見放題になっています。

『ガールズ&パンツァー』おすすめポイント

  • 全てが高水準でまとまったクオリティ
  • 単なる萌えアニメが嫌いな人にこそ観てもらいたいストーリー
  • 重々しい戦車のリアルな描写
  • テンポよく進む無駄のない全12話構成
  • 萌え×ミリタリーという鉄板テーマ

がっこうぐらし(2015年放送)

【おすすめ度】★★★★★

シャベルを愛する(?)くるみ、皆をまとめるりーさん、しっかり者の後輩みーくん、おっとりした顧問のめぐねえらに囲まれた丈槍ゆきの瞳に映る幸せな“日常”はしかし…!? 
(C)Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会
主演: 水瀬いのり, 小澤亜李, M・A・O

最恐の(非)日常系アニメ。日常系の常識をひっくり返した大胆なストーリー展開はさすがのひとこと。

高校で暮らしている女子高生たちのお話なのですが・・・。なぜ学校で暮らしているのか、その理由がすごいのです。学校には購買や屋上菜園、家庭科室など、いろんな設備があるわけですが、それがキモですね。

第1話だけ見るとほのぼのとした日常系アニメとなっておりますが、第1話のラストシーンから第2話にかけて、ようやくこの世界の全貌がわかるようになっています。ゆるふわアニメを求めていた視聴者たちを返り討ちにしたため、伝説となりました。

多くを語るとネタバレになってしまうので、詳しくは述べませんが、萌えアニメ・日常系ゆるふわアニメではありません。もはや初見詐欺です。

ゆるふわ系の作風なので最初は苦痛かもしれませんが、とにかく第1話のラストまで我慢してください。実は、このアニメの正体は◯◯◯モノなのです。

伏線がしっかりしたアニメなので、キャラクターデザインで食わず嫌いせずに、ぜひ一度ご覧になってみてはいかがでしょう。

ホラー・サバイバル的な作品が好きな人には、非常におすすめです。◯◯◯モノが好きな人はニヤッとできる演出がたくさん盛り込まれていますよ。具体的には、ジョージ・A・ロメロの作品などが好きな人は、本当に楽しく観られるアニメだと思います。

総じて完成度が高く、非常に素晴らしい作品です。ぜひ最後まで通して観てください。ところどころノスタルジックでもあり、情感を揺さぶる名作です。

『がっこうぐらし』おすすめポイント

  • 秀逸なシナリオ構成
  • 手に汗握るサバイバル要素
  • ◯◯◯モノの王道をしっかりと踏襲した演出
  • 練り込まれた伏線がいっぱい
  • あまりにも美しい空の描写とノスタルジックな世界

花咲くいろは(2011年放送)

【おすすめ度】★★★★

突然の夜逃げ、突然の告白、そして突然の別れ--。今までとは違う自分になりたかったという夢は、急に現実となりました。私、松前緒花の平凡な日常は1日にしてドラマチックな展開を迎えたのです。通い慣れた、それでいてあまり愛着のない街を出て、話したことや会ったこともない祖母の元で暮らすのです。大正浪漫あふれる温泉旅館・喜翆荘(きっすいそう)。そこで出会う人たち。花の芽が地上に出て新たな世界を知るように、私も、今までとはまったく違う、新しい生活を始めます。それは辛いことかもしれません。でも、めげても、くじけても、泣きじゃくっても明日は来るんです。だからこそ私は頑張りたいんです、そして輝きたいんです。太陽に導かれるよう咲く花のようにいつか大輪の花を咲かせられるように……。

©花いろ旅館組合
主演: 伊藤かな恵, 小見川千明, 豊崎愛生

記念すべきPAWORKSのお仕事シリーズ第1弾。モデルとなった温泉街のお客さんを7年連続で伸ばしつづけるとんでもないドル箱アニメ。

「働くことを通じた自己実現とは?」という大きなテーマに挑んだ意欲作で、女子高生が見ず知らずのお仕事に体当たりで取り組んでいきます。石川県を舞台としたことで、いまや聖地巡礼ビジネスの重要なモデルケースにもなった作品です。

簡単に言うと、女子高生が田舎の老舗旅館で働いて、自己実現を目指してがんばるお話です。大まかなコンセプトとしてはスタジオジブリ作品の『魔女の宅急便』がやや近いような気がします。恋愛、仕事、人間関係など、いろんな悩みを抱えた主人公はまるでNHKの朝ドラを観ているかのよう。そういう意味ではあまりアニメっぽくないアニメです。

みずみずしくて初々しい、そして荒削りな演出だけれども、それが癖になる独特の温かみと清涼感を持った作品と言えるでしょう。2011年の作品ですが、まったく古臭さを感じさせないのは流石です。

叱られて、空回りして・・・。主人公が新しい生活のなかで、見出した最終的な答えとは? ぜひプライムビデオで全26話、一気に観てください。

PAWORKSの美しい映像表現・演出も目白押しです。特に光の表現や空の表現に注目して観てください。とても凝った作りをしています。

ちなみにモデルとなったのは石川県の湯涌温泉街。地方の町おこしに成功した稀有な作品でもあります。今や観光学や社会学の分析対象にまでなっています。

『花咲くいろは』おすすめポイント

  • 人生・キャリアについて考えさせられるストーリー
  • 可愛らしいキャラクターデザイン
  • 映像がとにかく美しい
  • 温かで爽やかな名作

サクラクエスト(2017年放送)

【おすすめ度】★★★★

主人公、木春由乃(こはるよしの)は、田舎から上京し短大の卒業を間近に控えた、いわゆる普通の20歳の女の子。東京には何でもあって、きっと特別な何かになれるのではないかと夢みて、30社以上の面接を受けるも、未だに内定はない。銀行の残高は980円。このままでは、田舎帰って普通のおばさんになってしまう・・・と葛藤していたそんなある日、以前、一度だけ働いたことがある派遣事務所から、「地域の町おこしの一環で国王をやってほしい」との依頼がある。よくわからないが軽い気持ちで依頼先の間野山市に向かうことにした。一時的に日本中でブームになるも、バブル崩壊に合わせて今ではほとんど見ることの無くなったミニ独立国。間野山市は、今なおミニ独立国を続けている、廃れた残念観光地だった。そんなこんなで、由乃の”普通じゃない”お仕事生活がはじまった。

(C)2017サクラクエスト製作委員会
主演: 七瀬彩夏, 上田麗奈, 安済知佳

PAWORKSのお仕事シリーズ第3弾。町おこしという答えのないむずかしいテーマに挑んだ、地方創生アニメの金字塔。

5人の女の子がさびれていく田舎を盛り上げていくという、なんともジジ臭い作品ですが、とても面白いから不思議です。特に後半は非常に秀逸で、とても評価が高いですね。最終話のクライマックスシーンは涙なくしては観られません。

観光協会の一員となった5人の主人公が、商店会や地元住民と折衝しながら、より良い地域づくりをしていくという本格的な町おこしアニメになっています。

内容はかなりの社会派で、ドキュメンタリーのようなアニメとして作られています。そういう意味では、この作品もNHKの朝ドラのような雰囲気の作品ですね。

「本当に地域の人のためになる町おこしとは?」「田舎の本当のあるべき姿とは?」そんな骨太のテーマに、主人公はどのような答えを出すのか。ぜひ最後まで楽しんでみてください。

ちなみにこの作品、田舎が舞台ということもあり、とにかく老人のキャラクターが多いです。こんなに老人ばっかり出てくるアニメは珍しいですよ。究極のジジババアニメといえるでしょう。

サクラクエストは現実ともリンクした取り組みを行っているので、聖地巡礼も楽しいと思います。

『サクラクエスト』おすすめポイント

  • リアルとファンタジーを混ぜた、優れた田舎描写
  • 生き方を考えさせられる爽やかなストーリー
  • ドキュメンタリーのような社会派アニメ
  • 感動的なクライマックス
  • 可愛いキャラクターたち

キノの旅(2017年放送)

【おすすめ度】★★★★★

主人公の人間キノと言葉を話す二輪車エルメスは、世界をあちこち旅している。世界のあちこちには個性豊かな国があり、人々は自分たちなりの法や常識をもって暮らしていて、キノとエルメスはそんな国々を訪れ、基本的に3日間だけ滞在し、また次の国へと旅立っていくのだ。そんなキノとエルメスの旅の話は、時に優しく、時に哀しく、時に滑稽で、時に胸に突き刺さる。そして、珠玉の物語たちは、一言では言い表せない鮮烈な光景を私たちに見せてくれるのだ。“美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい”世界を。
(C)2017 時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/キノの旅の会
主演: 悠木碧, 斉藤壮馬, 梅原裕一郎

大人気ライトノベル作品2度目のアニメ化。気楽に楽しめる現代版ガリヴァー旅行記。

『キノの旅』は10年以上も続く大ヒットライトノベル作品です。すでに一度アニメ化されましたが、2017年になって再びアニメ化されました。

タイトルは知っているけれど、どんなお話なのかは知らないという人はこれを機にぜひ観てください。 基本的には1話完結型で、ストーリーの連続性はほとんどありませんので、どの話からでもゆっくりと観ていくことができます。

主人公のキノと言葉を話すバイクのエルメスがいろいろな国を旅するというお話。

「人を殺すことが許されている国」「常に動き回っている要塞のような国」「船のような国」「殺し合いを続ける国」など、様々な特徴を持つ国々が舞台です。

もともと小学校高学年から高校生くらいを対象としたライトノベルなので、かなりわかりやすく、誰でも楽しく観られる作品に仕上がっています。 ただし、内容は大人の鑑賞にも十分堪えうる構成になっており、非常に評価が高いですね。

わたしたちが感じている、当たり前を見直すきっかけを与えてくれる作品と言えるでしょう。

バカげた法律があったり、非合理的な生活をしていたり、登場するそれぞれの国が強烈な個性を持っているのですが、現実社会の常識や矛盾を鋭く風刺した内容になっているのです。

例えば、第1話のエピソード。キノとエルメスは「人を殺すことが法律で禁止されていない国」を訪れます。でも、この国では、人を殺すことは大問題なのです。これはなぜなのか。ぜひご自分で考えてみてから、第1話をチェックしてみてください。

非常にとんちの利いた思考実験的なお話が多いので、星新一の「ショートショート作品」のようなお話と言えるでしょう。

主人公のキノがかなりドライなので、ちょっと感情移入しにくいところもありますが、そういったふしぎな世界観も魅力です。喋るバイクや喋るイヌといったキャラクターも物語に彩りを加えています。

オープニング映像や遠景の美術がかなり美しいので、そこも大きな見所ですね。

『キノの旅』おすすめポイント

  • 気楽に観られる1話完結アニメ
  • 比喩と寓意に富んだ世界観
  • 身構える必要のない淡々としたストーリー
  • 美麗な背景

結城友奈は勇者である(1期)(2014年放送)

【おすすめ度】★★★★

結城友奈、13歳。勇者部に入ります。結城友奈(ゆうきゆうな)は朝起きて、支度して、学校へ行き、授業を受けて、部活して、友達と遊んで…。そんな普通の日常を過ごしている中学2年生。あえて特殊な点をあげるなら、彼女の所属する部活は「勇者部」。その活動内容とは?不思議な存在、バーテックスとは?神世紀300年、少女たちの物語-。
(C)2014 Project 2H

日常系の皮をかぶった本格派セカイ系。人は誰でも誰かの勇者になれる。

とっても可愛らしい女の子たちが、世界の存亡をかけて戦うという王道ストーリー。未知の存在、バーテックスという怪物たちと戦うなかで、少女たちは世界の真実を知ることになっていきます。そして、やっぱり少女たちは絶望することに・・・。
※勇者がテーマの作品ですが、異世界転生ファンタジーモノではありません。

とにかくキャラクターがよく動くので、華麗なアクションシーン・戦闘シーンは必見です。戦いの先に少女たちが見つけるものとは何なのか。

随所に張り巡らされた伏線、練りこまれた設定、シリアスな人間模様や葛藤、そして愛を描いた一級品エンターテイメント作品と言えるでしょう。

とまあ、設定やキャラクターデザインが『魔法少女まどか☆マギカ』にけっこう似ているため、たびたびネタにされることもありますが、ちゃんと救いがあるので最後まで安心して視聴できます。また、日常と非日常のすみわけが丁寧に描かれており、『日常の大切さを知る新日常系アニメ』というジャンルになっています。

日常のなかに隠された伏線、意味深なシーン・思わせぶりな謎など、かなり重厚な世界設定になっている反面、中盤まではあっさりとしたストーリー展開なので、やや拍子抜けするかもしれません。しかし終盤に向けての盛り上がりはすさまじい!

必ず2期もセットで観よう『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-』(2017年放送)

2017年に放送された2期をセットで視聴することで、世界観の立体的な把握が可能になり、面白さも倍増します。

張り巡らされた伏線、意味深なシーンなど、バラバラだったピースがぴったりと一致していく快感が味わえますよ。2期はすこし特殊な構成になっていて、全12話のうち「1期の前日譚が6話、そして1期の続編が6話」という変則的なつくりになっています。

『結城友奈は勇者である』おすすめポイント

  • 友情、家族愛といった温かくて優しいストーリー
  • 優しさの裏側に隠されたシリアスな設定
  • 不条理に負けない爽やかなキャラクターたち
  • 重厚に張り巡らされた伏線と、いくつもの謎

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST(2010年放送)

【おすすめ度】★★★★★

「等価交換」の原則のもと、物質を理解、分解、再構築する最先端の科学「錬金術」。「鋼の錬金術師」の名を背負る兄、エドワード・エルリックと巨大な鎧に魂を定着された弟、アルフォンス・エルリックは失ったものを取り戻すため、「賢者の石」を探す旅に出る。そして兄弟は、大きな陰謀の渦中へと突き進んでいく…。
(C)荒川弘/鋼の錬金術師製作委員会・MBS
主演: 朴璐美, 釘宮理恵, 高本めぐみ

ダークファンタジーの代名詞。原作を忠実に再現した傑作アニメ。

大人気マンガ『鋼の錬金術師』のアニメ化作品。原作を忠実に再現しているため、少年誌らしい燃えるシナリオになっており、誰でも楽しく視聴できる作品に仕上がっています。

派手なアクションシーン、綺麗にまとまった伏線など、クオリティがとにかく高いのが特徴です。全64話という長い作品ではありますが、非常に完成度が高いので、テンポよく観ることができると思います。

とにかく展開に一切の無駄がないので、気持ちいい!

中世を舞台にしたファンタジーではありますが、多数のキャラクター(特に軍人やダンディなおじさんが多い)が登場するので、重厚な群像劇も大きな魅力です。

国家に隠された秘密を、ふたりの錬金術師エドワードとアルフォンスが徐々にあばいていくサスペンス的な楽しさもあります。

暴力的な表現も含まれますが、グロテスクな描写は控えめなので、そういった映像が苦手な人にもおすすめです。

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』おすすめポイント

  • 王道のファンタジー
  • 綺麗にはりめぐされた伏線
  • 一切のムダを省いたシナリオ構成
  • 魅力的なキャラクターたち
  • 圧倒的にかっこいいダンディなおじさん

少女終末旅行(2017年放送)

【おすすめ度】★★★

繁栄と栄華を極めた人間たちの文明が崩壊してから長い年月が過ぎた。生き物のほとんどが死に絶え、全てが終わってしまった世界。残されたのは廃墟となった巨大都市と朽ち果てた機械だけ。いつ世界は終わってしまったのか、なぜ世界は終わってしまったのか、そんなことを疑問にさえ思わなくなった終わりの世界で、ふたりぼっちになってしまった少女、チトとユーリ。ふたりは今日も延々と続く廃墟の中を、愛車ケッテンクラートに乗って、あてもなく彷徨う。全てが終わりを迎えた世界を舞台に、ふたりの少女が旅をする終末ファンタジーが今、幕を開ける。
(C)つくみず・新潮社/「少女終末旅行」製作委員会
主演: 水瀬いのり, 久保ユリカ

文明が消え去ったあとの世界を、ふたりの少女が旅をした

はるか遠い未来のこと、現代文明が崩壊し、この世の全てが廃墟とガラクタになってしまった終末世界。世界にはふたりの女の子がいたのです。

ケッテンクラートという車に乗って、淡々と崩壊した世界を旅する物語です。そこには派手なアクションシーンも謎解きサスペンスもスリルも興奮もありません。

ただ、終末という世界が広がっているだけです。語られる情報量が少ない分、想像力を刺激してくれます。限られた食料を分け合い、飲み水を確保し、そして広大な無人の世界を突き進む。ただそれだけ。やがて見つかるこの世界の秘密とは・・・。

独特な世界観のアニメなので、ちょっとだけ観る人を選ぶかも

チトとユーリというふたりの少女の掛け合いは、ほのぼのとしていますが、どこか哲学的です。人も街も世界もいつか終わりを迎える。そんな当たり前のことを再認識させられる素敵な作品です。

一番の見所はその圧倒的な世界観。近未来の崩壊した世界の描写は息をのむくらいに儚くて、美しいです。 綺麗は汚い、汚いは綺麗。

音楽面も優れており、オープニング曲『動く、動く』は、秀逸なエレクトロダンスミュージックに仕上がっているので、必聴です。

『少女終末旅行』おすすめポイント

  • 非日常系の日常アニメ
  • 想像力を刺激する終末世界
  • 美しくて叙情的な映像
  • ほのぼのしているけど哲学的な世界観
  • ポップでノリのいいオープニング

魔法使いの嫁(2017年放送)

【おすすめ度】★★★

羽鳥チセは15歳の少女。彼女は帰れる場所も、生きる理由も、そのための術も、何も持ち合わせていない。ただひとつ、生まれ持った特別な力を除いて。そんなチセを弟子として、そして将来の花嫁として迎え入れたのは、異形の魔法使い・エリアス。悠久の時を生きる魔法使いの暮しの中で、チセは大切な何かを少しずつ取り戻していく…。これは、世界の美しさを識る為の物語。
主演: 種﨑敦美, 竹内良太, 内山昂輝

魔法使いに買われた少女のおはなし

非常に淡々と進む、切なくて美しいアニメです。ファンタジックな魔法の世界の描写はとにかく美麗に描かれており、息をのむ美しさです。とにかく神秘的な雰囲気がすごい。

妖精やドラゴンなど、幻想の生き物がバンバン登場するので、西洋のファンタジーに興味がある人は、楽しく視聴できると思います。

ただしストーリーの展開は、かなり淡々としているので、合う合わないがはっきりと分かれる作品と言えるでしょう。このため、万人におすすめできる作品ではありません。

主人公のチセがかなり浮世離れしており、とにかく暗い影を落とした主人公なので、感情移入が難しいです。一方、魔法使いエリアスとチセのほのぼのとした掛け合いなどは、観ていて非常に和まされます。

『魔法使いの嫁』おすすめポイント

  • 美麗な映像・背景美術
  • ファンタジックな魔法の設定
  • 静かに淡々と進む、独特の世界観
  • 人外と人間のハートフルな物語

ポプテピピック(2018年放送)

【おすすめ度】★★★★★

どうあがいても、クソ。ⓒ大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード

伝説のクソ4コママンガは、アニメ化してもクソアニメだった。

大人気4コママンガ『ポプテピピック』が満を持してアニメ化されました。その内容はというと、原作のはちゃめちゃっぷりを忠実に再現した、すさまじいクソアニメとなっています。

2018年1月に初めて放送されたところ、ネット上で爆発的にバズりました。一度は観ておきたい作品です。

形式としては、短編のアニメーションが何本も詰め込まれた、よくあるパターンなのですが・・・。

詐欺同然の異常に力のこもった美麗なオープニング、脈絡のないストーリー展開、ふざけまくる声優たち、飛び交うアドリブ、手の込んだストップモーションアニメ、実写を取り込んだひどい演出、ノイズまみれの映像、AパートとBパートで全く同じ内容、パロディネタのオンパレードなど、完全にイロモノアニメです。

その作風からネット上では「風邪を引いた時に見る悪夢」のようなアニメと評価されています。

パロディの元ネタが非常に幅広いので、かなりマニアックな内容に仕上がっているのも大きな特徴です。

けものフレンズ、プリパラ、レイズナー、るろうに剣心、ベルセルク、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、ベルセルク、ポケットモンスター、クロノトリガー、マクロス、スカイリム、スーパーマリオ、君の名は、となりのトトロ、エヴァンゲリヲン、ニコニコ動画のネタ、など第1話だけでも、相当な量のパロディが仕込んであります。

非常にぶっ飛んだ作品なので、ふざけたノリやパロディが苦手な人にとってはトコトン嫌いな作品になると思いますので、そういった自覚がある人は無理に視聴する必要はないかな・・・と個人的には思います。

『ポプテピピック』おすすめポイント

  • 伝説のクソマンガを見事に映像化
  • パロディ・メタネタのオンパレード
  • 豪華な声優陣
  • シュールなギャグ
  • ネット文化の集大成

ゆるキャン△(2018年放送)

【おすすめ度】★★★★★

これは、ある冬の日の物語。静岡から山梨に引っ越してきた女子高校生・なでしこは、“千円札の絵にもなっている富士山”を見るために自転車を走らせて本栖湖まで行ったものの、あいにく天気はくもり空。富士山も望めず、疲れ果てたなでしこはその場で眠りこけてしまう。目覚めてみるとすっかり夜。初めての場所で、帰り道もわからない。心細さに怯えるなでしこを救ったのは、1人キャンプ好きの女の子・リンだった。冷えた身体を温めるために焚き火にあたる2人。ぱちぱちと薪の爆ぜる音が、湖畔の静寂に沁み込んでいく。焚き火を囲み、カレー麺をすすりながら会話するなでしことリン。やがて2人が待ちに待った瞬間が訪れる。「見えた……ふじさん……」なでしことリン、2人の出会いから始まるアウトドア系ガールズストーリー。
(C)あfろ・芳文社/野外活動サークル

ゆるふわキャンプ味わってみませんか?

女子高生が野外活動サークルでキャンプに挑戦するという「アウトドア×女子」アニメの金字塔的作品です。キャンプと言えば夏のイメージがありますが、本作では寒い冬のキャンプが描かれます。

焚き火の起こし方、テントの張り方、など非常にリアルなアウトドア描写がウリです。一方で登場するキャラクターたちは、ほのぼのとしていてとても愛らしい。この絶妙のバランスがいい塩梅です。

第一話では、山梨県の本栖湖(もとすこ)という湖が描かれるのですが、夜の富士山、湖面にゆらめく月の灯り、紅葉した森林の景色、息が白くなるほど寒い高原の空気、などなど自然が情感たっぷりに描かれているのですが、これがすごく良い! 美味しそうに夜食を食べる描写なんかも、わたしたちの心を温かい気持ちにしてくれます。

疲れっぱなしの日常ですが、週末くらいはアウトドアにチャレンジしようかな? そんな気持ちにしてくれる素敵な作品です。あと、アイリッシュなBGMも雰囲気作りに貢献してますね。

田舎とか自然が好きな人には、特におすすめ。

『ゆるキャン△』おすすめポイント

  • 情感あふれる風景描写
  • リアルなアウトドア描写
  • ほのぼのしたキャラクターたち
  • 平和で穏やかなストーリー
  • 佐々木恵梨によるED曲『ふゆびより』が素敵

宇宙よりも遠い場所(2018年放送)

【おすすめ度】★★★★

そこは、宇宙よりも遠い場所──。何かを始めたいと思いながら、中々一歩を踏み出すことのできないまま高校2年生になってしまった少女・玉木マリ(たまき・まり)ことキマリは、とあることをきっかけに南極を目指す少女・小淵沢報瀬(こぶちざわ・しらせ)と出会う。高校生が南極になんて行けるわけがないと言われても、絶対にあきらめようとしない報瀬の姿に心を動かされたキマリは、報瀬と共に南極を目指すことを誓うのだが……。©YORIMOI PARTNERS

南極を目指す女子高生たちの青春物語

南極観測隊に入隊することを夢見る女子高生たちを描いた、ちょっと変わったオリジナルアニメーション作品です。

南極観測という、過酷な夢を実現するために努力する少女たちの姿は、わたしたちに爽やかな感動を与えてくれます。

ともすれば自分の居心地の良い場所にひきこもってしまいがちな私たちに、ビシっと喝を入れてくれる「挑戦することの大切さを教えてくれる」作品です。

はたして少女たちは、無事に南極観測隊に入隊することができるのでしょうか?

『宇宙よりも遠い場所』おすすめポイント

  • がむしゃらに走り回る青春を思い出させてくれるストーリー
  • 南極観測というロマンを誘うテーマ
  • 個性あふれる4人の主人公
  • 人気声優陣による抜群の世界観構築

ハクメイとミコチ

【おすすめ度】★★★★

ハクメイとミコチ。緑深き森で暮らしている、小さなふたりの女の子。 木の洞(うろ)に家を造ったり、葉っぱを傘にしたり、昆虫や鳥の背に乗ったり…… 身長9センチメートルなら、そんな事も出来るのです。 そーっと覗いてみませんか? 穏やかで愉快で、とびきり愛らしいその生活を。

ちいさなちいさな世界のものがたり

深い森の奥で暮らしている小人「ハクメイ」と「ミコチ」の日常を描いたハートフルストーリーです。原作のマンガも非常に高い評価を受けており、満を持してアニメ化された作品です。

とにかく小人たちの生活感あふれる描写がたまりません。世界のどこかに、小人たちの暮らす世界があるのかな…、わたしたちの想像力をかきたててくれます。

空や森、そして動植物があたたかい筆致で描かれているので、まさに「動く絵本」といっても過言ではありません。

独特のやさしい世界観にゆっくりと浸りましょう。

『ハクメイとミコチ』おすすめポイント

  • 可愛らしい小人たち
  • あたたかで優しい筆致で描かれた世界
  • 絵本のような独特の色彩

精霊の守り人(2006年放送)

【おすすめ度】★★★

『攻殻機動隊 S.A.C』神山健治×『人狼』『イノセンス』『BLOOD+』プロダクションI.Gが放つ新・異世界物語(アジアン・ハイファンタジー) 「人狼」「イノセンス」など、世界中から注目される国内有数の制作会社・プロダクションI.Gと「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」でシリーズ累計DVDセールスでミリオンを獲得する若手No.1監督・神山健治が贈る新感覚《アジアン・ハイ・ファンタジー》大作。

(C)上橋菜穂子/偕成社/「精霊の守り人」製作委員会
主演: 安藤麻吹, 安達直人, 辻谷耕史

『獣の奏者』『鹿の王』などで知られる上橋菜穂子による大河アニメ

児童文学の名作『精霊の守り人』のアニメ化作品です。小学校や中学校には必ず置いてあるので、読んだことがある方も多いのでは?

綾瀬はるか主演でテレビドラマ化もされていますが、完成度はアニメのほうがずっと高いですね。

異世界を舞台に女用心棒バルサの活躍を描いた冒険活劇で、アジアっぽい異世界が舞台で、独特の言葉や風習など、非常に細かな世界設定が特徴です。作者自身が文化人類学者なので、民話や伝承といった世界の作り方が抜群にうまいですね。民俗学とかがお好きな人はたまらないかも。

2006年放送のアニメですが、かなり良く出来ており、今観ても古臭さはそんなに感じさせません。もともと原作が国内外で高い評価を受けているため、ストーリーの面白さは一級品です。

大自然の描写、激しい殺陣のシーンなど、要所要所で見られる映像美術もなかなか上質な作品と言えます。

主人公のバルサやチャグム、精霊の卵である「ニュンガロイム」、物語の舞台となる「ナヨロ半島」「新ヨゴ皇国」「カンバル王国」など、登場する言葉や世界設定が独特なので、ちょっとあわない人がいるのも事実です。

『精霊の守り人』おすすめポイント

  • アジアンな異世界ファンタジー
  • 児童文学ゆえの丁寧で温かいストーリー
  • 屈強な女用心棒というちょっと変わった主人公
  • 丁寧に作られたエキゾチックな世界観

太陽の王子ホルスの大冒険(1968年公開)

【おすすめ度】★★★

海辺に父と二人で住むホルスは、岩男のモーグの肩に刺さっていた二本の剣を手に入れた。その剣は太陽の剣と呼ばれる名剣で、その剣を鍛え上げ使いこなせるようになった時、ホルスは太陽の王子と呼ばれようとモーグは言う。父を失ったホルスは、一切を焼き払うと、父の遺言に従い人々のいる北の村に向かってコロとともに舟出した 。再びこの地に帰ることはない。途中ホルスは悪魔グルンワルドに弟になるよう誘われるが断ったため、崖から落とされてしまう。ホルスは、倒れたまま流氷にのって村に流れ着いた。村の一員として受入れられたかに思われたホルスだが、グルンワルドのたくらみで村に送り込まれた一人の少女ヒルダのために村人たちの不信を買い、とうとう村を追い出されてしまう。悪魔が勝つかに見えたが、ヒルダの心の奥底には密かに人間らしさへの憧れが兆していた。そして悪魔の攻撃が始まった・・・。

(C)東映
主演: 大方斐紗子, 平幹二朗, 市原悦子 上映時間: 1 時間, 21 分

宮崎アニメの原点。日本のアニメを語る上で絶対に欠かせない、50年前に上映された歴史的傑作。ヒロインの声優は若き日の市原悦子。

1968年に公開された劇場アニメです。高畑勲が初めて監督を務めた作品であり、宮﨑駿が初めて本格的にアニメ制作に取り組んだという歴史的な名作です。この作品が『未来少年コナン』や『ルパン三世カリオストロの城』、そして『ナウシカ』や『もののけ姫』などにつながっていくのです。

正直、50年も前の作品なので、古臭さは感じます。しかし、アニメーションの出来は一級品で、とにかくよく動きます。アクションシーンが凄まじく、とても50年前の作品とは思えません。

また、日本アニメ史上、初めて「キャラクターの葛藤」や「重厚な心理描写」を描いた作品でもあります。この『太陽の王子ホルスの大冒険』という作品が、それ以降の日本アニメの方向性を決めたといっても過言ではありません。

後のジブリ作品につながるモチーフもたくさん登場します。
ジブリが好きな人は、絶対にチェック
しておきましょう。

『太陽の王子ホルスの大冒険』おすすめポイント

  • 日本アニメ史に残る傑作
  • いきいきと動くキャラクター
  • 少年と少女の王道のストーリー
  • 50年前の圧倒的なクオリティ
  • 宮崎アニメの本当の原点

Amazonプライムビデオを楽しもう

今後も見放題のアニメ作品が続々と追加されていくので、末永く楽しめますね。硬派なアニメだけでなく『ポケットモンスター』や『クレヨンしんちゃん』といったファミリー・キッズアニメの定番もかなり充実しています。ぜひお気に入りの作品を見つけてください。



最新作から往年の名作までを取り揃えたプライムビデオ。年間3900円(学生は1900円)という破格の値段で、アニメも映画も見放題になります。ぜひ加入してみてください。加入しておいて、絶対に損はしませんよ。週末の暇つぶしに、毎日の新しい楽しみに、プライムビデオを有効活用しましょう。